【SBI証券】個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)向け新たな運用商品追加

イデコ新運用商品

【SBI証券】個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)向け新たな運用商品追加

驚きました。35本制限が決まった中でSBI証券がスパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドに続いてさらに新たな運用商品の追加を発表しました。 農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドです。今回はこの運用商品についてみていきましょう。
35本制限はこちらを御覧ください

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド

農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド は米国の上場株式を主要投資対象とする。徹底したファンダメンタル・ボトムアップアプローチにより、付加価値の高い産業、圧倒的な競合優位性、長期的な潮流の3つの条件を満たす、持続可能なキャッシュ・フロー創出能力を有する「構造的に強靭な企業」に長期厳選投資を行う。農林中金バリューインベストメンツより投資助言を受け、ポートフォリオを構築する。原則、為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。6月決算。

信託報酬は0.972%となっています。

まだ設定日が7月5日とスタートしたばかりのファンドのようです。
純資産は1百万円(笑)
運用会社は農林中金全共連アセットマネジメント株式会社です。

アメリカ株のアクティブファンドですね。
SBI証券はアクティブファンドもたくさんありますが、純粋にアメリカ株だけのアクティブファンドはないのでどうしてもアメリカ株のアクティブファンドがほしい方にはよいかもしれませんね。
個人的にはアメリカ株だけがよければNYダウとか海外ETFを買うほうが良いと思いますが・・・

まだ設定して日がたっていませんので評価しようがありません。

しかし、基本的にはiDeCoは信託報酬の安いインデックスファンドを買うのが正解だと思います。

あとはお遊びの範囲でアクセントとして今回ご紹介した農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドを買うのもいいかもしれませんね。

まだSBI証券のページでもお知らせはあるもののまだ運用商品一覧にもでてきません。


今iDeCO申し込むならこの3社

今、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に申し込みするならば今回ご紹介したSBI証券、楽天証券、イオン銀行の3社から選ぶのが正解だとおもいます。

それぞれ特徴はありますので3社のうちどれが一番よいとはいえませんがたくさんの運用商品から選びたいなら今回も新らしい運用商品が追加されたSBI証券の一択でしょうね。ちなみにわたしもSBI証券を使っています。

資料請求はこちら

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」

楽天証券 確定拠出年金

イオン銀行イデコ

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。



読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
idecoブログ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. 海外ETF
    海外ETFとは 海外ETFとは海外の証券取引所に上場している投資信託のことです。普通の…
  2. iDeCoおすすめ金融機関
    iDeCo(個人型確定拠出年金)はどこがいいのかを選べない。 iDeCo(個人型確定拠…
  3. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
    楽天よりおもしろいインデックスファンドが発表されました 楽天投信信託顧問が2017年9…
  4. 仮想通貨取引所比較
    盛り上がる仮想通貨 ビットコインの分裂騒ぎがあったと思えば今度は40万円を突破するなど…
  5. イデハラに悩む女子社員
    蔓延しているiDeCoハラスメント(イデハラ) 先日、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を勧…
  6. 積立NISA
    来年から始まる積立NISAとiDeCoどちらを優先? 前回、個人型確定拠出年金(iDe…
  7. ふるさと納税疑問
    総務省の通知以降ふるさと納税の返礼品をグレードダウンする市町村続出 このサイトでも何度…
  8. ふるさと納税返礼品お得なの
    ふるさと納税の返礼品グレードダウンする市町村が続出 このサイトでも何度かお伝えしたとおり、ふるさと…
ページ上部へ戻る