【個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ】フコク生命が力を入れ始めました

フコク生命の個人型確定拠出年金拡充

フコク生命が個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品の拡充、健康相談サービス開始


フコク生命(富国生命保険相互会社)のNewsRelaseによると9月1日から個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の運用商品ラインナップの拡充及び加入者向けの健康相談サービスを開始するそうです。

今まで個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の競争といえば手数料の値段でしたがようやくサービス面での競争に入った感じがありますね。

手数料競争は無条件無料が多くなっておりこれ以上起きにくい状況になっていますから差別化のポイントは運用商品とサービスです。

フコク生命はある意味そのあたりを心得た改善とも言えます。

今回はこのフコク生命の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)について見てみたいと思います。

フコク生命の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)への本気モード

今回改定があったのは運用商品の追加と電話サービスの追加です。
順番に見ていきましょう。

フコク生命の運用商品ラインナップ

今回新たに追加されたのは以下の8つになります。
もともとあった商品と合わせて21商品です。

インデックスファンド日本株式(TOPIX連動型) 信託報酬0.18252%(税込)
国内債権:野村国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合(確定拠出年金向け) 信託報酬0.1728%(税込)
先進国株式:DCダイワ外国株式インデックス 信託報酬0.27%(税込)
先進国債権:三井住友・DC外国債券インデックスファンド 信託報酬0.2268%(税込)
先進国REIT:野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け)信託報酬0.5724%(税込)
バランス型:フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2030 信託報酬0.36%〜0.38%程度(税込)
バランス型:フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2040 信託報酬0.36%〜0.38%程度(税込)
バランス型:フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2050 信託報酬0.36%〜0.38%程度(税込)

今までは信託報酬が高いものばかりでお世辞にもよいと言えなかった運用商品ですがかなりよい感じとなりました。

ベストとは言えませんが他とも戦える水準にはなってきました。


あんしん健康相談ダイヤルの無料提供開始

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の加入者向けのサービスとしてあんしん健康サービスを提供します。

具体的には下記の3パターンがあります。

電話相談サービス

健康・医療相談・介護・育児相談

栄養・食事相談・薬に関する相談

医療機関情報提供サービス 等

メンタルヘルス相談サービス

メンタルヘルス電話カウンセリング

メンタルヘルス対面カウンセリング 等

生活関連相談サービス

弁護士等による法律に関する一般的な相談

税理士等による税金に関する一般的な相談 等

あとは手数料・・・

フコク生命は運営管理手数料として毎月311円かかります。
(これにプラス国民年金基金連合会、信託銀行の取り分があります)

そのため他のSBI証券などと比べるとその点で劣ってしまうんですよね。

ただ、他との差別化要因としてあんしん健康相談ダイヤルの無料提供をはじめました。

この価値が311円以上と思えるならばぜんぜんありな選択肢とも言えると思います。

まとめ

今回はフコク生命の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)への新しい取り組みをご紹介いたしました。

ほかと比べて手数料などまだ劣っているところはありますが、電話サービスに価値を感じられるなら十分選択肢となりえるくらいにはなっています。

今後に期待したいところですね。

他の金融機関もサービス面の競争が激しくなることを期待しています。

個人型確定拠出年金(iDeCO/イデコ)はこの3社に決まり

iDeCoの場合は長期投資となります。

運用に関係なく信託報酬、手数料は掛かってきますので少しでも信託報酬、手数料がやすいところを選択するのがセオリーとなります。

もちろん今回ご紹介したフコク生命のようにサービス面での差別化を図っている金融機関もありますが・・

その差別化部分に手数料以上の価値を感じられればそれはそれでありです。

ただ一般的には現状ならば下記の3つの証券会社、銀行の中から選択するのがよいかと思います。

それぞれ特徴がありますので比較検討してみるのをおすすめします。

SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」
イオン銀行
楽天証券 確定拠出年金

また、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。




読んでいただきありがとうございました。
私の記事が参考になった方はポチッとな
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

関連記事

関連記事



ピックアップ記事

  1. スパークス
    SBI証券(iDeCo)スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドを追加 ただで…
  2. 下落相場のイデコ
    下げ相場が来た時、長期投資の資産はどうすればよいか しばらくダウがずっと高値を更新して…
  3. セゾン投信を真似る
    セゾン投信がiDeCoで買えるのは楽天証券だけ iDeCo(個人型確定拠出年金)は手数…
  4. ふるさと納税返礼品お得なの
    ふるさと納税の返礼品グレードダウンする市町村が続出 このサイトでも何度かお伝えしたとおり、ふるさと…
  5. 100円投資信託
    100円投資信託の使い方 SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネック…
  6. 50代からのideco
    年代ごとに違う個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)のおすすめ iDeCoはこのペー…
  7. マッチング拠出する女
    企業型確定拠出年金のもう一つのパターン【マッチング拠出】 昨日のブログでご紹介した選択…
  8. 仮想通貨を無料で手に入れる
    ビットコイン(仮想通貨)はまだまだ敷居が高い このサイトでも何度かとりあげていますがビ…
ページ上部へ戻る