CATEGORY

投資信託

  • 2018年9月1日
  • 2019年8月24日

銀行から投資信託を買うのはやはり危険だった【金融庁が統計資料を公開】

先日、金融庁が投資信託を販売する銀行・証券会社に対して比較可能な共通KPIと考えられる3つの指標を公表することを発表しました。 3つの指標は以下の通り。 ・ 運用損益別顧客比率 ・ 投資信託預り残高上位20銘柄のコスト・リターン ・ 投資信託預り残高 […]

  • 2018年8月24日
  • 2019年10月15日

楽天スーパーポイントで投資信託の積み立て購入が可能に【楽天証券】

楽天証券がまた新たな便利サービスを開始することを発表しました。 それが楽天スーパーポイントで投資信託の積み立て購入が可能になることです。 今までも楽天スーパーポイントで投資信託を買うことはできましたがスポット購入のみが対応で積み立て購入はできませんで […]

  • 2018年8月16日
  • 2019年4月17日

不調?ジェイリバイブの直近の成績がTOPIXや日経平均に負けている理由。そして今後について考えてみる。

先日、ひふみ投信がTOPIXや日経平均に負けていると記事を書いたところいろいろな反響がありました。そこで今回は同じく人気投資信託でありながら、最近ぱっとしないジェイリバイブについても見ていきます。こちらもひふみ投信と同じく最近の成績がTOPIXや日経 […]

  • 2018年8月10日
  • 2019年4月17日

最近のひふみ投信(プラス、年金)の成績がTOPIXや日経平均に負けている件。今後について考えてみる。

現在日本の投資信託一番人気といってもよいのが「ひふみ投信」(ひふみ年金、ひふみプラス)です。しかし、最近どうも成績がぱっとしません。TOPIXや日経平均にすら負けてしまっているのです。 今回はこの件を考えてみたいと思います。 ひふみ投信(ひふみプラス […]

  • 2018年7月2日
  • 2019年5月2日

ニッセイの購入・換金手数料なしシリーズが信託報酬大幅値下げ。iDeCo用の商品の値下げは?

ニッセイアセットマネジメントが6月29日付けで<購入・換金手数料なし>シリーズの信託報酬の値下げを発表しました。 特に<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドはSBI証券の投資信託ランキングでも常に上位争い […]

  • 2018年7月2日
  • 2019年5月13日

毎月分配型投資信託はなぜダメなのか?3つの理由

先日もブログに書きましたが森信親金融庁長官が積立NISAの対象になれるような投資信託は本当に少ないと発言されています。 そして名指しで指摘されたのが毎月分配型投資信託です。 しかし、この毎月分配型投資信託大変人気もあり、お金の専門家のはずの銀行員や証 […]

  • 2018年6月30日
  • 2019年5月5日

iDeCoやつみたてNISAで買うのはパッシブファンドとアクティブファンドどっちがいいの?

前回の記事で書きましたが個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)での運用では国内株式型でパッシブ運用が53.1%、アクティブ運用が46.9%、バランス型ではパッシブ運用が40.7%、アクティブ運用が59.3%とかなりの方がアクティブファンドで運用して […]

  • 2018年6月24日
  • 2019年4月18日

余った楽天スーパーポイントの使いみちは投資信託という手も

楽天スーパーポイントで投資信託が買える!! 少し前のブログにも速報を書きましたが楽天証券が8月26日(土)から楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようにします。 これは業界初だそうですが面白い試みですし、楽天スーパーポイントという資源をもってい […]

  • 2018年6月12日
  • 2019年4月18日

IPOのセカンダリはハイリスクハイリターン。しかし、こんな裏技もある

IPO株が初値を上回るのは50%とハイリスクハイリターン 今日のモーニングサテライトでも特集していましたが今年はIPO(新規上場株式)の当たり年と言われているそうです。 全部で90社が新規上場しました。 そのうち9割以上は初値が公募価格を上回っていま […]

  • 2018年6月10日
  • 2019年6月29日

ネット証券会社で続々始まっている100円投資信託の使い方を考えてみる

100円投資信託の使い方 SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券、マネックス証券とネット証券会社がこぞってはじめている100円から1円単位で投資信託が買える制度。 少額から始められますのでなんかよさそうではありますが実際、どのような使い方 […]