楽天インデックスバランス

楽天がiDeCo用の新ファンド(楽天・インデックス・バランス)を設定。安全性重視の人には最適な商品か?

楽天投信投資顧問が新ファンドを設定します。

これがかなり面白い商品でしたのでご紹介します。

楽天・インデックス・バランス(DC年金)が新規設定


まだEDINETに公開されたばかりの商品のため詳細は不明です。

わかっているところだけ見ていきましょう。

投資対象

株式15%
債券(為替ヘッジあり)85%

株式はバンガード・トータル・ワールド・ストックETF

債券はバンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンド - インスティテューショナル円ヘッジシェア

に投資をします。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFとは

米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場への投資収益を測る基準指数(FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス)のパフォーマンスへの連動を目指して運用。

簡単に言えば全世界の株式に投資するETFです。

バンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンド - インスティテューショナル円ヘッジシェアとは

ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合浮動調整インデックスをベンチマークとし、日本を含む全世界の国債、政府関連債、社債、資産担保証券に投資します。主に満期までの期間が1年超のインデックスに含まれる各国の政府債、政府関連債、社債および証券化された債券(指数提供会社の定義に準じる)を投資対象とします。外貨建て資産については、原則、為替ヘッジにより為替リスクの影響を抑制します。

簡単に言えば全世界の債権に投資をするETFです。

つまり、この2つに投資をすることで全世界の株と債権に投資をすることができるのです。

信託報酬

信託報酬は 0.0648% (税込)となっています。

経費率を含めると0.2078%程度となります。

かなり安い信託報酬ですね。

販売時期

申込日は5月24日からとなっています。

DC用となっていますので楽天証券のiDeCo用ってことなのでしょう。

まとめ

今回は楽天証券のiDeCoで取り扱われるだろう新ファンドをご紹介しました。

かなり魅力的な商品ですね。

信託報酬率も安く、債権比率も高くて安全性が高い自社ファンドですから6月1日に発表されるデフォルト商品として採択される可能性もありそうです。

5月の法改正で最近あまり動きの無かったiDeCo業界もすこしずつ動き始めましたね。

ちなみにデフォルト商品は各社発表始めています。SBI証券は定期預金、りそな銀行は自社のターゲットイヤーでした。

関連記事

日経新聞にちょっと気になる記事が出ていました。りそな銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo)の基本の運用商品を定期預金から投資信託に変更するというのです。りそなグループの各行が5月から基本の運用先を定期預金から投資信託に変えるほか[…]

イデコ海外株
関連記事

このサイトで何度かお伝えしていますように確定拠出年金法等の一部を改正する法律(平成 28 年法律第 66 号)が2018/5/1に施行されます。それに伴いSBI証券が2018年5月以降の制度改正への対応について発表しましたのでに確定[…]

DC法改正へのSBI証券の対応

楽天証券もこのファンドを設定すると35本制限がかなり近づいてきますね。

今後このあたりの動きにも注目したいところ。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)に加入するならこの5社

私は今もし、加入するならSBI証券かイオン銀行、楽天証券、マネックス証券、松井証券の5択で決まりだとおもいます。

マネックス証券

その中でもマネックス証券 iDeCoが筆頭候補となります。

信託報酬がほとんど最安値水準でスキがありません。

特に下記のeMAXIS Slim先進国株式インデックスが買えるのが大きいですね。

eMAXIS Slimシリーズについてはこちらをご覧ください。

関連記事

eMAXIS Slim先進国株式インデックス信託報酬値下げすごいニュースがでました。先日速報でお知らせしたEXE-Iつみたて先進国株にeMAXIS Slim先進国株式インデックスが対抗してきました。今回はこの件をみていき[…]

先進国株式値下げ
松井証券

松井証券のiDeCoは取扱商品が12本と少ないですが、

マネックス証券と同様にeMAXIS Slimシリーズを取り揃え信託報酬が最安値水準となっています。

抑えるところは抑えた感じがあります。

最後発の強みですね。

また、1番人気のひふみ年金の取扱もあるのもポイント高いです。

SBI証券

次はSBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」かな。

SBI証券はたくさんの運用商品があり、信託報酬も安いものも多くあります。

そのため選択の楽しさがあるでしょう。

また、ひふみ年金やジェイリバイブのようなアクティブファンド、iFree8資産やダウ、グローバル中小などの人気商品の取扱もポイント高いですね。

あとは確定拠出年金について古くから携わっており5社の中で1番の老舗で安心感が高いのも大きいと思います。

イオン銀行

イオン銀行iDeCoはたわらシリーズが充実していたり、ひふみ年金の取扱があります。

このあたりに興味持つ方は選択肢として全然ありです。

また、イオン銀行だけ他へ移るときの手数料が無料なのも個人的にポイント高いです。

楽天証券

楽天証券 確定拠出年金は楽天スーパーポイントがたまったり、セゾン投信なんかに加入できます。

また、楽天・全世界株式インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックス・ファンドといった人気商品の取扱も魅力です。

総合して考えるとこの5つのどれかに加入すれば後悔はないかなと思います。

他の運営管理機関もぜひがんばってほしいところですね。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)については下記の記事も合わせて読んでいただくと理解しやすいと思います。

関連記事

iDeCo(個人型確定拠出年金)は何度かブログで紹介しておりますが大変お得な制度です。しかし、全く勉強しなくてもOKというものでもありません。そうはいってもなかなかこのために勉強するのって大変ですよね。そこで私がオス[…]

ideco読んでおきたい本
関連記事

1月に公務員やサラリーマンでも加入できるようになりましたのでiDeCo(個人確定拠出年金)をやっている人はかなりすごい勢いで増えているそうです。また、企業型確定拠出年金の加入企業も時流に乗って徐々に増えていっています。しかし[…]

iDeCoで定期預金
読んでいただきありがとうございました。

 

楽天インデックスバランス
最新情報をチェックしよう!